Notre Histoire

フランス人の旦那&息子との日々の出来事を日本の田舎からお届けしています。

広告

旦那さんからのお誕生日プレゼント♡

広告

Share This Entry

こんばんは〜♡

昨日、旦那さんからお誕生日のプレゼントをもらいました(´꒳`)


旦那さんのお給料日当日

先週が私の誕生日だったのですが、旦那さんの初給料は昨日でした。

当日にあげられなくてごめんね。って何回も言われたけど、私はまったく気にしない。笑

誕生日の1ヶ月前後以内であればいつでも喜んで受け付けます。笑

体調が悪いのに仕事が終わってから、わざわざショッピングモールまで行ってくれたみたいです♬

なんて優しいんや♡♡♡

プレゼント

ラフィネのチケット


私が大好きなマッサージのお店ラフィネのチケットでした♡♡

近くのショッピングモールに入っているので、夫婦2人でお世話になっています♬

他の店舗は分かりませんが、私たちの行っている店舗はお店の雰囲気がとてもいいので居心地がいいんです♡

2時間コースのチケットを買いたかったみたいなのですが、なんせ私は妊娠中。

椅子に座った体勢で、最大60分までしか背術を受けれないんです(´-`).。oO

日本語が話せないのにお店の人と相談して、20分のチケットを6枚でいつでも好きな時に行けるようにしてくれました♡

マタニティドレス

日曜日に見つけた綺麗なマタニティドレスも一緒に買ってきてくれました♡♡♡

結婚前は普段からセミフォーマルなドレスを着るのが大好きでした。

なので、お値段もお手頃でめっちゃ可愛いドレスを見つけた時に買う!!!!って大興奮した私。
しかも、産前産後に着れる♡

今は着る機会もないし、お金もないからやめとけば?って旦那さんから日曜日に言われて、渋々買うのを断念。

結局昨日、プレゼントとして買ってきてくれました♡

嬉しいいいい〜!生地が厚いのでこれからの季節は着れないですが、授乳口がついているので赤ちゃんが生まれた秋からいっぱい着たいと思います!!

バースデーカードとお花


お誕生日プレゼントのチケットと一緒に一言メモが♡

本物のお花が苦手な私に、造花もくれました(´꒳`)

☝︎ 本物のお花は世話をするのが苦手なんです。笑

さらっとお花とメモをくれるところが本当に優しいな〜と思います。

1本のお花を贈れる男性

日本人の男性は、花束を買わないと!って気恥ずかしく思って、あんまりお花を女性に送る習慣がないですよね?笑

1本でも女性は嬉しいんですよ〜♡

誕生日、体調の悪い時、サプライズの時、ただパートナーの笑顔が見たい時など、いつでも1本さらっとお花がもらえればそれだけで女性は笑顔になると思います。

そりゃ花束も嬉しいんでしょうけど♡笑 (私、花より団子派)

この間、1本のお花を私の母親に旦那さんが送ったら、すごい喜んでました。

1本だったら飾りやすいね〜♡優しいね〜♡嬉しい〜♡って。

1ヶ月以上経った今でも言ってます。笑

生まれて初めてお花を男性からもらったそうです。私の父親は何をしてるねん。。。笑

愛情表現は奇数の倍数で

もし1本じゃ寂しいと思うのであれば、3本、5本、7本。

フランスではお花を贈る時、奇数が愛情の印なのだそう。でも、1本が続けやすそう。

最初に5本とかもらって、あとで1本になったら「少ない」って思うかもしれませんしね。笑

簡単に出来ることから始めてみてはどうでしょう?それだけで、彼女・奥さんも嬉しいんですから♡

1年前にもらったメモ♡


ちなみに去年付き合いだした時にもらったメモです♬

フランスに帰国する時に置いて行ってくれました。

1年経った今、Aïからma femmeに変わりました。

広告